家庭用宅配水はサーバーのタイプを選べる

家庭用の宅配水のサーバーには、通常床置きタイプと卓上タイプの2種類があります。それぞれのタイプの特徴についてご紹介します。まず、床置きタイプについてです。このタイプは、その名の通り直接床にサーバーを立てて宅配水をセットします。人が立った高さと丁度合うので、立っている状態で宅配水を使うことに適しています。


例えば、キッチンで料理をしている時にウォーターサーバーの水を使ったり、ちょっとのどが渇いた時に水を飲みたいときにスムースに水を出すことができます。欠点としては、床からの高さになってしまうため、高さの細かい調節が効かないということです。家庭用なのでそれほどの高さはありませんが、例えばお鍋に宅配水を使いたいといった時に重い鍋を抱えたまま水を入れることが苦になる場合もあります。

また、新しい宅配水のパックに切り替える際にも上からパックを入れ替えますので、身長の低い方や力に自身のない方にとっては負担になる場合があります。一方、卓上タイプはテーブルや棚など上において宅配水を使うタイプです。丈が短いため、棚の上などに置けば、下の部分のスペースを収納などに利用できるという利点があります。卓上タイプとは言っても、床に直接置くこともできます。ウォーターサーバーの美味しい水をたくさん飲むことで、お通じが良くなった・肌の調子が良い・肌が白くなったという声を聞きます。敏感肌 美白は効かないと良く聞きますが、身体の中から綺麗にする方法は誰でもできるのでとても良い肌ケアになります。


この場合、かなり低くなりますので、重い鍋などを持ちながらでもたくさんの水を注ぐことができます。宅配水のパックを取り替えるのもとても楽になります。ただし、床に直接置く使い方をする場合は注意してください。注ぎ口が床に近くなりますので、何かの拍子に汚れてしまいやすいという欠点があります。

また、注ぎ口が低くなりすぎることによって丈の高いペットボトルなどで逆に水が入れにくくなり、斜めに傾けなければ入れられないという場合もあります。卓上で使う場合でも、下のものと連結しているわけではありませんので、地震の時に傾くなどして浮いて落ちてしまう危険性もあります。このように家庭用宅配水のサーバーは自分にあったほうを選べるので、自分のしたい使い方をよく考えてから選びましょう。